保育士の転職に最適な時期は?求人が増えるタイミングと一緒にご紹介

公開日:2022/03/01   最終更新日:2022/03/23

共働きの家庭が増えている現代、保育士という仕事はなくてはならない職種です。そんな保育士として活躍している方の中には、転職を考えている方もいるでしょう。また、「しばらく休んでいたけどまた保育士として働きたい」と思っている方も多いですよね。この記事では、そんな保育士に最適な転職時期についてお話しします。

保育士の転職に最適な時期は4

保育士の最適な転職時期は、新年度がスタートする4月です。その理由について、詳しく見ていきましょう。

新年度の初めなのでスムーズに業務をスタートできる

保育園は、4月から翌年3月までを1年度とし、その間はクラスや担任の先生が入れ替わることはほとんどありません。そのため、4月に転職すればもっともスムーズに業務をスタートできます。

子どもや保護者に不安を与えずに済む

また、現在保育園で働いて、他の保育園に転職したいと考えている方も、年度の途中で転職してしまうと、他の保育士に仕事を引き継がなければならなかったり、子どもたちや保護者に不安を与えてしまったりする可能性があります。

大切な子どもを預かっている仕事だからこそ、1年は責任を持って保育をし、転職をするなら年度が切り替わる4月にしましょう。そして4月から新しい保育園に勤務を始めることで、入園式や進級式をきっかけに子どもたちや保護者に挨拶をでき、保護者はより安心して子どもを預けられます。

保育園の人事業務がスムーズに行える

4月の転職が最適な理由として、保育園側の人事業務がスムーズに行えるということも挙げられます。4月は、新卒で保育士が勤務を始める時期でもあるようです。

転職で入社してくる中途採用の保育士も4月に来ることで、保育園の説明やオリエンテーションを新卒と中途同時に行うことができます。また、書類手続きや備品発注も、新卒と中途同時に行えるため、さまざまな人事業務がスムーズに行えるのです。さらに、新卒と中途が4月に同時に入社してくれば、新年度のクラス編成も考えやすくなります。

保育士の求人が増えるタイミング

転職時期は4月が最適なことがわかりました。では、その求人はいつごろから出始めるのでしょうか?保育士の求人は、早いところで10月ごろから、3月まで募集を出しているところが多いです。求人が増えるタイミング別で、その求人の特徴を見ていきましょう。

10月~1月の保育士求人

10月から求人を出し始める保育園は、入社した保育士が何らかの事情で退職してしまって、中途採用の募集をかけているところがあります。また保育園は、子どもたちの生活に影響しないよう、年度末で退職するのが一般的です。

そして、その年の年度末の退職者が把握できるのが10月ごろという保育園が多くなります。そのため、新年度の保育士の数を確保したいことから、10月から1月ごろに新年度の保育士募集の求人を出す保育園が多いのです。

2月~3月の保育士求人

2月ごろは、保育園の求人数はピークになります。この頃の保育士求人は、新年度から勤務開始としているところがほとんどです。またこの時期に募集をかけている保育園は、10月~1月の間の求人で人が集まらなかったという可能性もあるでしょう。

この2月~3月にかけて出ている求人に応募するときは、注意点があります。それは、採用から勤務開始までの期間が短いことです。今も保育士として働いている方は、採用が決まったらすぐに今の職場へ報告と挨拶をし、4月から働く保育園の職員とも顔合わせをしなければなりません。2月~3月の保育士求人に応募するときは、採用後かなり忙しくなることを覚悟しておいてください。

転職活動を開始するタイミング

保育士の転職活動は、いつから開始するのがベストなのでしょうか?

転職活動のスタートは6月が◎

転職活動のタイミングとしてよいのが、6月です。4月は新年度が始まり、日々の業務がかなり忙しくなります。そして5月は、遠足やレクリエーションを行う保育園が多いです。6月になるとやっと落ち着き、新しいクラスに保育士も子どもたちも慣れてくるため、保育にも余裕が出てきます。次の4月からの転職を考えた場合、この6月ごろから動き始めるとよいでしょう。

とはいっても、6月ごろはまだ保育士の求人は少ないです。そのため、まずは情報収集を行いましょう。また、保育士専門の転職サイトなどに登録しておくのもおすすめです。履歴書・職務経歴書の作成や、現在の保育園業務の引き継ぎ内容を確認したり、今まで担当してきた行事や委員会の仕事内容を確認したりしてまとめておきましょう。

本格的な転職活動は10月から

10月になると、新年度からの保育士求人が増えてきます。それまでリサーチしてきた情報などをもとに、具体的な求人情報をチェックしていきましょう。働きたいと思う保育園があれば、どんどん応募して面接を受けてください。また、現在働いている保育園に対しては、引き継ぎリストをもとに、実際に自分の仕事を引き継ぐ相手にどう伝えるかを考えておきましょう。

 

保育士の転職に最適な時期について紹介しました。保育士の転職は、子どもたちや保護者の方にも関係してくるため、慎重に行わなければなりません。そのため、転職したいと思ったら、新年度から勤務を開始できるよう、計画的な転職活動を行いましょう。そして自分にとっても、子どもたちや保護者の方にとっても最適な時期に転職をしてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

保育士の中には、派遣保育士をしながら別の仕事を掛け持ちしている人もいます。別の保育園という人もいれば、保育とは関係のない仕事を選んでいる人もいて、さまざまです。そこで本記事では、派遣保育士が

続きを読む

柔軟な働き方ができるということで、派遣保育士として働くことを考えている方も多いでしょう。派遣保育士として働く上で気になるのは、やはり給料の相場ではないでしょうか。常勤保育士よりも高めという話

続きを読む

保育業界の人手不足や働き方の多様化を受けて、近年は保育士でも派遣人材として働ける仕事形態が注目を集めています。この記事では、そうした派遣保育士の仕事内容などを紹介しつつ、どういう人に向いてい

続きを読む

柔軟な働き方が出来ると話題の派遣保育士。近年の保育士不足問題から需要が高まりつつある派遣保育士ですが、園に雇用される形の保育士とは雇用形態や働き方などが異なります。そのため派遣保育士として働

続きを読む

保育のお仕事は求人サイトですが、専任のキャリアアドバイザーがいることは大きな特徴です。全国での求人数も豊富で、給与に関する事や福利厚生に関する事もわかるため魅力的です。また、保育のみでなく幼

続きを読む

保育園の近くを通ると声高く無邪気な子どもたちの声が聞こえてきます。子ども達の笑顔や表情を間近にみると癒されることはありませんか?また、小学生位には将来の夢で保育士さんを憧れたことはありません

続きを読む

保育情報どっとこむ(株式会社アスカ) 住所:群馬県高崎市八島町265番地イノウエビル8F TEL:0120-777-277 保育の仕事がしたいと考えている方の中には、派遣という働き方を検討し

続きを読む

保育士求人ナビ(株式会社ウェルクス) 住所:東京都台東区上野3-24-6上野フロンティアタワー13F TEL:03-6284-2901 働くママの増加にともない、保育園の需要は年々拡大してお

続きを読む

「保育の仕事を続けていきたい」と希望している方の新しい働き方として、派遣保育士が注目を集めています。しかし、その実状については「よくわからないし、不安…」という方もまだまだ多いのではないでし

続きを読む

保育求人ガイド(アスカグループ) 住所:群馬県高崎市八島町265番地イノウエビル8F TEL:027-384-8841 「保育士として働き続けたいけれど、今の働き方に不満がある」そんな方にお

続きを読む