派遣保育士の給料相場をチェック!高めに設定されているのはなぜ?

公開日:2022/10/15   最終更新日:2022/08/05


柔軟な働き方ができるということで、派遣保育士として働くことを考えている方も多いでしょう。派遣保育士として働く上で気になるのは、やはり給料の相場ではないでしょうか。常勤保育士よりも高めという話を聞いたことがある方もいると思いますが、実際のところどうなのか、本記事では派遣保育士の給料について解説します。

派遣保育士の給料相場

厚生労働省が行っている賃金構造基本統計調査によると、保育施設に従事する常勤保育士の平均年収は363万5,000円です。月収に換算すると30万3,000円になりますが、賞与などを除くと24万4,500円が常勤保育士の一般的な月収です。ひと月に21日間勤務、一日の実働が8時間で計算すると時給は1,450円ほどになります。

派遣保育士の時給は派遣会社によって違いはあるものの1,200〜1,800円が一般的です。そのため時給換算では常勤保育士と同等の額ですが、賞与は出ない場合が多いため、年収では常勤保育士との差は大きいと考えられます。ただ、非常勤保育士の時給は一般的に1,000円前後のため、派遣保育士の給料は高めに設定されているといえます。また、派遣会社によっては寸志や各種手当などの支給を実施している場合もあります。

派遣保育士の給料が高めに設定されている理由

派遣保育士への業務上の指示などは保育園が行いますが、給与の支払いなどは派遣会社が行います。そのため派遣保育士の雇用主は保育園ではなく派遣会社となります。派遣保育士の給料が高めに設定されているポイントは「雇用主が派遣会社」という点です。具体的には下記の通りになります。

社会保険費用の負担は派遣会社

保育園に直接雇用されている保育士の場合、厚生年金や健康保険、雇用保険など園の負担が大きくあります。しかし派遣保育士の場合はこうした社会保険費用は派遣会社が負担するため、その分の費用が給料に上乗せされています。

求人広告費にかかる費用が給料に上乗せされる

保育園が保育士を募集する際、一般的には求人サイトや求人誌などで募集を行います。その際にかかる費用は数万円、掲載期間によっては10万円以上かかる場合もあります。また、求人広告費を払ったからといって必ず採用できるという保証はありません。

しかし、派遣保育士は派遣会社が保育士を派遣してくれるため、求人広告のコストやリスクを回避できるといったメリットがあります。そのため、派遣保育士の時給は高めに設定されています。

賞与を含んだ額であるため

派遣保育士は基本的に働いた時間分のお金しかもらうことができません。派遣会社によって異なりますが賞与は基本的にありません。また、交通費の支給がない場合もあります。そのためその分のコストが時給に上乗せされています。

保育士の教育にかかる費用

保育園に直接雇用される保育士の場合、保育士としてのスキルアップやキャリアアップのための外部研修が実施されます。派遣保育士の場合はそうした研修を保育園が管理する必要はありません。そのためこうした研修にかかる費用も派遣保育士の時給に上乗せされています。

急な保育士採用でも柔軟に対応できる

保育士が産休などで急遽休まなければならなくなった場合、保育園は代わりの保育士を採用しなければなりません。求人広告などで募集すると、費用がかかるうえに採用まで時間がかかるケースがほとんどです。派遣保育士の場合は、派遣会社に依頼してから保育士確保までの工程がスムーズです。また、一般の求人のように求職者が見つからないといったリスクもありません。このことも派遣保育士の時給が高めに設定されている要因となります。

派遣保育士が今より給料を上げるためには?

派遣保育士の給料は月給制ではなく時給制での契約となる派遣会社がほとんどです。派遣会社によっては保育士のスキルに応じて時給額が変動する場合もあります。派遣保育士としてより高い給料をもらうためには以下の要件が必要となります。

保育士としての経験

保育園が派遣会社に求める人材は、とにかく即戦力となる人材です。そのため、保育士としての経験年数や担任を持ったクラスの数などが給料アップの一つの目安となります。また、障害児保育や病棟保育の経験者なども園のニーズによっては給料に大きく反映されます。また、近年保育園から幼保連携型認定こども園へと以降する園も多いことから、幼稚園での勤務経験を持つ幼稚園教諭免許保持者もニーズが高まっています。

その他のスキル

保育現場では近年の働き方改革から、ICTを導入する園が増えてきています。しかしパソコンやタブレット、ICTシステムの使い方が苦手な保育士も多いため、スムーズに運用できていない園も存在します。そういったことからもタブレットなどの端末操作やシステムの知識があるということも現場では重宝されます。

また、民間の保育園では英会話や水泳、スポーツなどに力を入れている園も多いため、そういった教育や指導ができるスキルが評価される可能性も十分にあります。このように保育園側が求める理想の人材に近ければ、より高い時給が見込めます。

まとめ

派遣保育士の給料事情についてお伝えしました。派遣保育士のニーズが高まるとともに保育士を派遣する派遣会社の数も年々増えてきてます。保育園それぞれに園の方針やカラーがあるように、派遣会社にもそれぞれ雇用条件や待遇などの違いがあります。より高い給料で働くためには最初の派遣会社選びが肝心です。自分にあった雇用条件の派遣会社を選ぶのはもちろんのこと、登録の際には派遣会社の担当の方としっかりとコミュニケーショを取ることをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

保育士の中には、派遣保育士をしながら別の仕事を掛け持ちしている人もいます。別の保育園という人もいれば、保育とは関係のない仕事を選んでいる人もいて、さまざまです。そこで本記事では、派遣保育士が

続きを読む

柔軟な働き方ができるということで、派遣保育士として働くことを考えている方も多いでしょう。派遣保育士として働く上で気になるのは、やはり給料の相場ではないでしょうか。常勤保育士よりも高めという話

続きを読む

保育業界の人手不足や働き方の多様化を受けて、近年は保育士でも派遣人材として働ける仕事形態が注目を集めています。この記事では、そうした派遣保育士の仕事内容などを紹介しつつ、どういう人に向いてい

続きを読む

柔軟な働き方が出来ると話題の派遣保育士。近年の保育士不足問題から需要が高まりつつある派遣保育士ですが、園に雇用される形の保育士とは雇用形態や働き方などが異なります。そのため派遣保育士として働

続きを読む

保育のお仕事は求人サイトですが、専任のキャリアアドバイザーがいることは大きな特徴です。全国での求人数も豊富で、給与に関する事や福利厚生に関する事もわかるため魅力的です。また、保育のみでなく幼

続きを読む

保育園の近くを通ると声高く無邪気な子どもたちの声が聞こえてきます。子ども達の笑顔や表情を間近にみると癒されることはありませんか?また、小学生位には将来の夢で保育士さんを憧れたことはありません

続きを読む

保育情報どっとこむ(株式会社アスカ) 住所:群馬県高崎市八島町265番地イノウエビル8F TEL:0120-777-277 保育の仕事がしたいと考えている方の中には、派遣という働き方を検討し

続きを読む

保育士求人ナビ(株式会社ウェルクス) 住所:東京都台東区上野3-24-6上野フロンティアタワー13F TEL:03-6284-2901 働くママの増加にともない、保育園の需要は年々拡大してお

続きを読む

「保育の仕事を続けていきたい」と希望している方の新しい働き方として、派遣保育士が注目を集めています。しかし、その実状については「よくわからないし、不安…」という方もまだまだ多いのではないでし

続きを読む

保育求人ガイド(アスカグループ) 住所:群馬県高崎市八島町265番地イノウエビル8F TEL:027-384-8841 「保育士として働き続けたいけれど、今の働き方に不満がある」そんな方にお

続きを読む